田中謹也【子供の視力回復】アイトレーニングでメガネが要らずに!

子供の視力回復に最適な田中さんのアイトレーニング

 

田中謹也さんのアイトレーニングは10年間で2087人の子供の視力をメガネが必要ない

 

0.8以上の視力まで子供の視力を回復させていると言う驚異の実績があります。

 

「アイ・トレーニング視快研小牧店と>田中謹也さん

 

しかも、成功率も凄くて、視力回復に成功した子供の割合は9割以上にも上ります。

 

 

田中さんの視力回復方法は年少さんでも楽しくできるくらい簡単でアイトレーニングに使う時間も1日13分と

 

短時間なので、あきずに毎日トレーニングできると、多くの子供が指導を受けています。

 

 

⇒ 公式サイトで確認する

 

 

田中謹也さんのアイトレーニングを受けるには

 

直接会って指導してもらえる「アイ・トレーニング視快研小牧店」(愛知県小牧市)に通うかアイトレーニングセットを

 

購入して田中さんの個別指導のサポートを受けながら自宅でアイトレーニングをするかのどちらかになります。

 

田中さんのアイトレーニングを受けている様子

 

子供に田中謹也さんのアイトレーニングを「アイ・トレーニング視快研小牧店」で

 

受させるには通わないといけない事と、費用を考慮しないといけませんね。。

 

また、遠方で小牧店に通えない場合や費用が心配な人は日本全国どこにいても

 

田中さんのアイトレーニングが受けられるアイトレーニングセットが田中さんの公式サイトで

 

販売されていますので購入して子供と一緒に自宅でトレーニング出来るようになっています。

 

 

もちろん、トレーニングに必要な道具はすべて揃っていて、田中さん本人の個別サポートも付いています。

 

 

自宅でできるので、子供だけでなく大人も一緒に取り組まれている家族も多いようです。

 

 

田中謹也さんのアイトレーニングの費用

 

店舗に通ってアイトレーニングをする費用は、通う回数にもよりますが、入会金と回数製の料金なので

 

少なく見積もっても5万円以上はかかるとみておけばいいかなと思います。

 

また、継続して通わないといけないのでトータルでは結構な金額がかかることは覚悟しておいた方が良いようです。

 

アイトレーニングコンプリートキット

 

それに比べて、アイトレーニングセットの金額は通うのに比べかなり少額で

 

サポートも含め全てセットになっているので別途に費用がかかることがなく安心です。

 

 

また、チャレンジしても視力回復の効果を感じられなかった場合が不安な場合も

 

安心して取り組めるように保障制度(返金制度)も設けられています。

 

詳い説明は公式サイトでご覧下さい。

 

※視力に関してのレポートも申請すれば無料でもらえます。

 

 

⇒ 公式サイトで確認する

 

 

近くのものを凝視すると近眼になりやすい

 

よくある日常では30分くらいは平気でゲームに集中して遊んでいますが

 

テレビやパソコンの画面などを長時間、見続けていると目の筋肉が固まってくるんです。

 

 

例えば、同じ姿勢でパソコンをいじっていると肩が凝りますが、肩こりは、肩の筋肉が凝り固った状態で

 

目の筋肉が固まるのも似たようなものだと思えば解りやすいかもしれません。

 

 

この状態になると、近くを見る時の筋肉のまま固まっているので遠くのものを見ようとしても

 

ピントが合わせにくく、ひどい場合は慢性化したり、コリが増大してくると、

 

視力が徐々に低下していき近視になっていきます。

 

 

通常、眼は毛様体筋というピントあわせにかかわる目の筋肉を

 

収縮、伸縮させて水晶体というレンズを分厚くしたり薄くしたりしてピントを合わせいます。

 

 

近視は、遠くのものにピントが合わせられなくなる目の状態のことで

 

凝り固まった毛様体筋で近くにピントがあったまま動かず遠くにピントが合わないのが原因で近視になるのです。

 

ポータブルゲーム

 

決して、どの子も絶対に遺伝はありえないと言っているわけではありませんが、単に遺伝だけが原因ではないと言う事です。

 

そもそも、近年では以前からあったテレビやテレビゲーム、本、PCだけでなくポータブルゲームやタブレットが普及し

 

便利になるのはいいのですが、近くで物を見る習慣が当たり前になったことが主な近視の原因なんですから。

 

 

手遅れになる前に、生活習慣も見直し、健康的な生活を送ることが望ましいですね。

 

 

子供の近視を防ぐには

 

理想は、自然豊かな環境で子育てをしてテレビやテレビゲームをささず

 

ポータブルゲームやタブレットも買い与えないようにするのが一番かも知れませんが、実際は難しいですよね。

 

 

ましてや、親御さんが仕事などで忙しいご家庭だと家事をしているときは勝手に何かで遊んでくれているほうが楽だし

 

子供も喜ぶので、どちらかと言えば親としても持たせておいてもいいかなと思いますよね。

 

疲れきっている休日も・・・ですね。楽ですもん!

 

でも、今は楽でも子供が近視なったり、近視の視力低下が進んだりしてくると必ず後悔します。

 

「あの時、止めとけば・・・よかったのに・・・」

 

後悔する前に視力が低下する可能性がある遊びは避たいすね。

 

 

手遅れにならないうちに

 

もう少し・・・まだ大丈夫と思っているうちに取り返しのつかないことになりかねません。

 

早めに田中さんのサポートを受けながら、子供の視力回復を試してみてはいかがでしょうか。

 

目が疲れて困っている子供

 

だれだって、子供が苦しんでいる姿は見たくありません!

 

これから、進学、就職、恋愛、結婚など、沢山のイベントが待ってます。

 

楽しく元気に笑顔で毎日が過ごせるように、目の事で悩む事がないように・・・

 

 

田中さんのアイトレーニングを受けるかどうか迷っている場合は事前相談ができますし

 

すでにメガネをかけているのなら事前相談をしてからトレーニングされる事をおすすめします。

 

 

⇒ 公式サイトで確認する