小3年の子供が視力低下しているけどメガネはかけさせたくない!

小3年の子供の視力が低下しているけどメガネはかけさせたくない!

 

少学校3年生の子供の視力低下はメガネをかけないといけないのか?

 

メガネをかけさせたくないとおっしゃる親御さんの気持ちは良くわかります。

やはり、メガネをかけ始めると本当に少しずつ目つきが悪くなりますので、

 

出来るだけメガネはかけさせたくないですよね。

 

 

メガネをかけさせたくないなら、早めにアイトレーニングと

 

言うものをすれば視力回復する可能性が高いです。

 

 

アイトレーニングは、自宅でも充分に出来るトレーニングで

 

簡単な道具を使って目も周りの筋肉を鍛えるトレーニングです。

 

アイトレーニング

 

アイトレーニングは上の写真のように

 

紐とビーズである法則にしたがって見るだけの簡単なトレーニングなんですね。

 

 

全部で簡単なトレーニングが4つで、

 

幼稚園の子供でもきる簡単な内容となっています。

 

 

しかし、簡単では効果が無いのでは?

 

と思われるかもしれませんが、現在も多くの子供たちが

 

視力回復した科学的トレーニングプログラムなので安心して取り組めます。

 

 

※実質人数2087名

 

 

その効果の高さは評判になり、プロのスポーツ選手も

 

トレーニングに取り入れているほどなんです。

 

 

この先、メガネをかけ始めると、その先のメガネ代や

 

コンタクトなど視力を維持するための費用も高額です。

 

 

その費用はレーシックなどの手術を含めなくても

 

50万円以上はかかるそうです。

 

 

そのまま大人になると

 

白内障や緑内障の目の病気になる可能性も高くなります。

 

 

何もしないで後悔したくは無いですよね。

 

ゲームを制限しているだけではドンドン視力は低下していきます。

 

 

現在の子供の視力の低下率をご存知ですか?

 

 

平成26年度の学校保健統計調査で公示された「視力1.0未満」の割合は

 

小学生で約30%、中学生で約53% 、高校生にもなれば62%なんです。

 

 

この数字の中にお子さんを入れないで済む方法は

 

出来るだけ早い親御さんの対処です。

 

 

今回は早く気づいて上げる事ができて本当に良かったですね。

 

気づいて心配になったからこのページを読んでくれていると思いますので・・・

 

 

一日でも早く、お子さんの視力低下を防ぐため、

 

また視力回復に向けてアイトレーニングに取り組んでくださいね。