子供の視力低下の原因は心因性かも!?

子供の視力低下の原因は心因性かも!?

 

子供の視力低下の原因はさまざまです。

 

このページでは心因性について調べた事をメモしています。

 

 

小学校の中学年から高学年にかけての視力低下の原因で

 

一番多いのは、近視、遠視とも屈折異常での視力低下ですが

 

心因性の視力低下はメガネをかけても視力がでず、屈折異常もなく

 

身体的に何も悪い所がない場合に心因性の視力低下が考えらるそうです。

 

 

心因性の視力低下の場合、生活におけるなんらかのストレスが原因で

 

目の症状に現れ視力低下をおこしていると言われています。

 

 

子供の心は未熟で不安定です。

 

大人からしたらたいしたことは無くても、子供にとっては一大事な事もあるかもしれません。

 

 

たとえば、家庭での「両親の不和」や「共働きで寂しい思いをしている」とか

 

学校では「クラスが変わって落ち着かない」「いじめられている」「先生が変わった」など

 

日常の何気ない生活でもストレスを感じている事もあります。

 

 

また、最近の子供は忙しく、塾や習いごと、スポーツなどをこなし

 

大人より忙しく、本人がやらされていると思いながら

 

過密なスケジュールをこなしているのであればなおさらです。

 

 

社会全体が子供の過ごす環境を整えてることも大切かも知れませんが

 

本来の子供らしい生活を大人のエゴ(こうなって欲しい)などで取り上げているかもしれません。

 

 

子供の視力低下が心因性だと疑わしい場合

 

 

今までなんともなかったのに、急に視力が低下したり

 

視力は異常が無いはずなのに見えにくいと訴える場合は

 

心因性を疑う必要もあるかもしれません。

 

 

そんな場合は、早めに小児専門の

 

眼科さんに診てもらうのが良いかと思います。

 

 

心因性の視力低下は目には

 

異常がないとされていて必ず良くなると言われていますが

 

子供のストレスの原因を取り除くことが大切になってきます。

 

 

心の問題なのでストレスの原因がわからず

 

、簡単に解決できないこともあるらしいので

 

 

子供にかかわっている学校の先生などと連絡をとりながら、

 

気長に取り組むことが大切だそうです。

 

 

大人が過敏に心配しすぎると、

 

逆に子供にストレスを与えてしまうので心配しすぎないようにしましょう。