子供の視力が0.7以上なら視力回復も可能!?

子供の視力が0.7以上なら視力回復しやすい?

 

子供の視力が0.7以上なら元の視力に

 

視力回復できる可能性が高いと言われています。

治りずらい近視、真性近視(視力0.7未満)になってしまうと

 

回復しやすいと言われる子供の視力でも元には戻らなくなってしまいます。

 

 

いったん、子供の視力が落ち始めてからのスピードは想像よりも早く

 

たった1ヶ月たらずでも一気に落ち始め視力が低くなるほど回復しにくくなっていきます。

 

 

そうなってから慌てても遅いんです!

 

眼科に行くとメガネをすすめられますが

 

そうなると、視力低下は速度を増します。

 

 

メガネをかけ始めると、当然ですがメガネを掛けているときは

 

良く見えますが度は進み放題で回復は遠ざかります。

 

 

メガネを掛け始めた時点でこのままでは一生ずっと

 

メガネかコンタクトレンズの生活は免れなくなると言う事です。

 

 

特に年齢の低いお子さんのメガネの常用は

 

近視の進行を急速にしますので注意が必要だと言われています。

 

 

なので、真性近視(視力0.7未満)になる前に

 

つまり、視力が0.7以上の仮性近視のうちに手を打てば視力回復可能性が高いのです。

 

 

目が悪いのは遺伝だから仕方ない!?

 

 

現実に視力が1.0未満の子供の数が急増しています。

 

今後も増え続けるでしょう・・・・

 

生活スタイルが多様化して便利なりました。

 

昔のようにマンガ本やテレビだけでなく、ポータブルゲームやPC、タブレットと

 

近くで画像や文字を見続ける習慣」が根付いています。

 

その生活習慣こそが近視や視力低下の原因になっています。

 

 

遺伝で視力が低いのは仕方が無い・・・と思っている親御さん

 

単純に遺伝だけが近視の原因ではなく

 

生活環境や習慣が近視の直接的な原因なんです。

 

 

実際に2014年の調査で公示された「視力1.0未満」の割合は、

 

小学生全体の30.16%、中学生53.04% 、高校生では62.89% となっています。

 

 

この数字はとても怖い数字ですね。

 

小学生の10人に3人が視力が低く困っていると言う事ですよね。

 

さらに、中学生、高校生となると高校生の10人に6人は視力が低いと言う事。

 

 

さらに大人になると・・・・もう想像したくありません。

 

 

大きくなるにつれて視力が低い子が増え続けると言う事はまさしく生活環境や習慣です。

 

一生使い続けるであろう目、使い続けると近視なる?のはおかしいですよね。

 

もはや遺伝だからで済ませられません。

 

一刻も早く対策をしてあげたい!

 

 

視力回復の可能性

 

 

子供の視力が元に戻る可能性が高い仮性近視のうちに

 

できるだけ早く手を打ちたいですよね。

 

しかも、簡単に出来て効果が高く安全な方法で。

 

 

その方法は、幼い子供でも安全で簡単に行える

 

目のトレーニングをせてあげるのが一番です。

 

いわゆる視力回復トレーニングとかアイトレーニングと言われている方法です。