子供の視力回復に目薬ミドリンmは効く!?

子供の視力回復に目薬ミドリンmは効く!?

 

子供の視力回復方法に目薬ミドリンmは効くのか?

 

視力低下が進んで気になる親御さんに

この頃では学校によって年に2〜3回も視力検査があるようですが

 

この視力検査で引っかかると強制で眼科での検査を言われます。

 

 

眼科に行って、仮性近視の状態だと必ずと言っていいほど処方される「ミドリンm」

 

という目薬で回復する可能性があるのでこの目薬をさして様子を見ましょうと言われます。

 

 

でも、この「ミドリンm」で本当に視力回復できるのだろうか?

 

 

 

まず、「ミドリンm」って?

 

簡単に説明すると検査用の目薬。

 

参天製薬の資料です。

 

「ミドリンM点眼液0.4%」はトロピカミドを主成分とする調節麻痺・散瞳点眼剤です。(中略)虹彩括約筋及び毛様体筋を完全かつ持続的に弛緩させますが、アトロピンよりも作用発現時間及び持続時間が非常に短い代表的な超短時間作用型の副交感神経遮断薬であり、欧米諸国及び日本において眼科領域の検査薬として汎用されています。(中略)小児に投与する場合には全身の副作用が起こりやすいので、観察を十分に行い、慎重に投与すること。特に低出生体重児では徐脈、無呼吸等が起こるとの報告があるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

 

 

なんで視力低下の治療薬として使うのかというと

 

本来は、眼底検査で瞳孔を大きく開くための検査用の目薬ですが

 

同時に目の緊張状態をとくので近視を改善することに繋がると言うことです。

 

このことから仮性近視用の治療薬として使われるようになりました。

 

 

ミドリンmを使うとどんな変化があるの?

 

通常、近くにピントを合わせる時には毛様体筋を伸ばして目のレンズ(水晶体)を厚くしています。

 

近視の状態は、その毛様体筋が伸びすぎて縮められなくなった時に起こるので

 

目薬をさすと一時的に毛様体筋がほぐされて、目のレンズの厚みを調整していた

 

筋肉の緊張がとけ、レンズの厚さをきちんと調整することが出来るようになるのです。

 

特に、子どものうちはまだ毛様体筋が柔軟なので、強制的に元の状態に

 

戻してあげることでその状態を覚えて「近視が治る」ということなのです。

 

 

 

ずっと「ミドリンm」を使っていると視力回復するのか?

 

「ミドリンm」を使用できるのは2週間だけ。

 

強い薬なので、継続的には使用できません。

 

2週間の間一日一回夜に点眼することで視力がすこしでも戻れば

 

「しばらく様子を見ながらいきましょう」とか言われます。

 

 

 

しばらく様子を見ていると・・・

 

目薬をやめてしばらくするとまた学校の視力検査がありますが

 

また徐々に下がってしまっていることが多いんです。

 

「また眼科に行って目薬を使えば治る」と思って眼科に行くと

 

そう何度も薬の効き目が同じとは限りません。

 

使うたびに薬の効きも弱くなり筋肉が元に戻りにくくなります。

 

 

そしているうちに近視が改善されないとお医者さんが判断すると

 

「そろそろメガネを作りましょう」と言われ愕然とするのがオチです。

 

 

そうならないうちに、自宅でも取り組めて効果が高く子供でも簡単にできる

 

アイトレーニングをしましょう。

 

様子を見ているだけでは子供ん視力は回復しません。

 

メガネをかけるようになると生活はかなり不便になります。

 

慣れるとは言いますが、本来ならしなくてもいいものです。

 

 

視力低下が進むと学習やスポーツにも影響が出ますし将来、就職に響く可能性もあります。

 

取り返しのつかないことになりかねないうちに正しい方法で視力回復しましょう。