子供 近視 遺伝

子供の近視は遺伝だと決め付けていませんか?

子供の近視は遺伝ではない場合が多い

 

子供の近視は遺伝ばかりではありません。

 

親御さんはしっかりとした知識をつけましょう!

 

 

2014年の調査で公示された「視力1.0未満の学生の割合」は

 

小学生30.16% 中学生53.04% 高校生62.89% にも。

 

 

小学生から高校生になるにつれて視力が低下している子が増えているんですね。

 

数字で見るとリアルで数の多さにビックリしますよね。

 

 

親御さんの中には、遺伝だから仕方がないと諦めたり

 

遺伝と決め付けている人までいます。

 

 

でも、現実には生活環境が変化し、便利になった分

 

テレビ、ゲーム、パソコン、スマホ)などで長時間遊ぶのが

 

当たり前なっています。

 

 

親も子供が機嫌よく大人しくしてくれるので小さい頃から

 

スマホで画面を見せていますよね。

 

そんな習慣(近くのものを凝視し続ける)ことこそが

 

近視や視力低下の原因になっていると解っていても・・・です。

 

 

なので、近くのものを凝視し続ける生活環境や習慣が

 

近視の直接的な原因は遺伝で無い場合がほとんどです。

 

 

どうすれば視力低下を抑えられるのか?

 

近視とは、遠くのものにピントが合わせられなくなる目の状態のことです。

 

 

特に仮性近視の場合はトレーニングをすることで

 

視力が回復する場合がほとんどと言われています。

 

 

お子さんの「目」は一生物です。手遅れにならないうちに

 

しっかりとした実績のある正しい方法を実行して後悔の無いようにしましょう。